吟醸酒づくりの酒米稲刈り体験を行いました!(ほろむいイチゴ四季の里)
2018 / 10 / 11 ( Thu )

10月6日(土)、ほろむいイチゴ四季の里体験村で実施している吟醸酒づくりの酒米稲刈り体験を実施しました。今年は稲の生育が早く、例年より1週間早い開催となり、参加者も例年の稲刈り体験に比べ多くの方が来てくれました!


風はあるものの、お天気に恵まれて、10月とは思えぬ汗ばむ陽気の中、まずは稲刈鎌を手に、田んぼの四隅と端を手刈り。

手刈2

常連の皆さんはさすが手慣れた様子。

初めての方や慣れない方も、地域の人にコツを聞くと、どんどん刈っていきます。

手刈1

刈った稲を立てるのは、少しコツがいるようです。

三束立て1


三束立て2

手刈りの後は、コンバイン登場!

残りの稲を刈りました。

希望者も順番に同乗して、手刈りとは違う眺めを楽しみました。

コンバイン1


コンバイン2

手で刈った稲もその場で脱穀。

コンバイン3

地元特産の1つ「そば餅」の入った芋汁や、ふかしたジャガイモなども振る舞われました☆


次回はいよいよ、2月の仕込み体験!

楽しみですね♪

みんなでパチリ


20 : 23 : 00 | お知らせ | page top
明治大学楽農4Hクラブのみなさんが、ワーキングホリデーに来てくれました!
2018 / 09 / 19 ( Wed )

今年も、明治大学楽農4Hクラブのみなさんが、ワーキングホリデーに来てくれました!

ワーホリ①-3

3回に分かれて、合計26名のみなさんが、会津若松市の農家さん宅へ3泊4日滞在し、いろいろな農作業体験をしました。

ワーホリ①-1


ワーホリ①-2

猛暑の中、熱中症にならないように気をつけたり、突然の雨に打たれたり。

もちろん、ときには心地よい風に吹かれたり、農村のすばらしい景色を眺めたり。

自然を全身で感じながら、皆さん、一生懸命作業をしてくれました。

ワーホリ②-1

そして、農家さんだからこそのおいしいお米と新鮮な野菜盛りだくさんの食事も堪能しました♪

中には、早稲田大学のワーキングホリデーの皆さんと一緒に過ごしたメンバーも。

ワーホリ③-1


ワーホリ③-2

また来年のお越しをお待ちしております☆

ワーホリ②-2


11 : 16 : 09 | お知らせ | page top
酒の瓶詰体験をしました!
2018 / 03 / 26 ( Mon )

ほろむいイチゴ四季の里体験村では、オリジナルの吟醸酒を作るべく、四季折々に田植えから、稲刈り、仕込みを行ってきました。


そして本日はいよいよ酒の瓶詰体験!

末廣酒造と名倉山酒造で

杜氏さんが精魂込めて育ててきた純米吟醸酒です!


末廣酒造では、タンクいっぱいにできたお酒を瓶にじょうごでつめていきます。

じょうごでお酒を瓶詰します。


出来立てお酒を試飲したお客さんからは、

「うま~~い!!!!!(>▽≺)」

感嘆の声があがりました。


お酒をつめた瓶にキャップをし、回しながら3回バーを押すと、キャップが閉まります。


まわしながら3回押すとキャップが閉まるんです!


次に、瓶に事前に用意したラベルを貼ります。

こちらの方は、お酒が好きな奥様のために毎年参加しているんだそうです。どんなラベルなんでしょう?


真剣にラベルを貼ります。


こんなラベルでした!

毎年同じラベルだそうです。

1年かけてお酒を作って、毎年奥さんに感謝の気持ちを込めてプレゼントするんですね。贈られたときの奥さんの笑顔が浮かびます。すてきなご夫妻にウルウルしちゃいました。

毎年奥さんへの感謝を込めて作っているそうです


こちらの方は、ご自分で描いた絵をラベルにしました。

会津の風景だったり抽象画だったり、見惚れてしまいました。

参加者の数だけラベルもいろいろ、込める気持ちもいろいろです。

自分で描いた絵がラベルになりました


次は名倉山酒造を訪問。


作業は大方終わっており、冬の仕込みが終わった静かな蔵を見学しました。

仕込みが終わって片づけをしている静かな蔵です。


先月のにぎやかな雰囲気とは違って、穏やかな空気が流れます。

耳を澄ますと、ポコポコというもろみの発酵する音が聞こえました。

お酒は生きてるんですねー。


耳を澄ますともろみの発酵する音が聞こえます。


やっぱり味見~!

5年連続金賞受賞、もちろん6連覇を目指す蔵元ですので、

美味しさはお墨付きです!


美味しさに大絶賛


見学が一段落した後は、社長のご厚意で、利き酒講義がありました。酒の鑑評会の審査員は、20種類の香りをかぎ分けるんだそうです。皆さん、いい香り、悪い香りなどが出る理由などを真剣に聞いていました。


利き酒講義


そして夜はもちろん、懇親会!

二つの蔵元のお酒を味見しました。

同じお米で作っているお酒なのに、味が違うことに皆さん驚いていました。


30年度も体験をしますので、ぜひご参加ください!




19 : 38 : 30 | お知らせ | page top
酒造り体験コース本番!酒の仕込み体験!《ほろむいイチゴ四季の里》
2018 / 02 / 04 ( Sun )

末廣酒造の酒仕込み体験は新城社長のご挨拶で始まりました。


2月4日(日)はいよいよ酒造り体験のメインイベント 酒の仕込み体験!


まずは末廣酒造から。

新城社長のあいさつでスタート。

そして蒸した酒米を均等に広げます。


蒸した酒米を均等に広げます


普段食べている御飯のようだと思っていたら、思ったより固めで驚きました。

食べると少し甘みがあります。


蒸した酒米はちょっと固めなんです


一方名倉山酒造でも同様の行程が行われていました。

均等にほぐした酒米をタンクに入れるのに運びます。


名倉山酒造でも同様に蒸した酒米を広げています


タンク投入!真っ白で、甘酒のようです。


タンクに投入。真っ白です。


均等に攪拌します。

なかなかの重労働でした。これを毎回こなしている職人さんに感心しました。


均等に攪拌します。


一通りの行程を終えて、後は杜氏さんに面倒をみてもらって出来上がりを待つばかり。

最後に、工場見学をしました。

瓶詰体験の3月末が楽しみです。


最後に酒蔵見学





00 : 00 : 00 | お知らせ | page top
【参加者募集!】雪下キャベツ収穫体験・いちご狩り・農家レストランのランチを満喫しよう!(2月3日開催)
2018 / 01 / 04 ( Thu )
グリーンツーリズムクラブ・PRバスツアーの参加者募集!


グリーンツーリズムを皆さんに体験していただき、会津の冬の楽しみ方や、旬の野菜の美味しさを知っていただくためにバスツアーを開催します。
今年度は、雪下キャベツ収穫体験、イチゴ狩りに農家レストランでの豪華ランチ、最後に温泉で温まる盛り沢山のツアーです。
先日、雪下キャベツの状況を確認しにいきました。
ちょうど雪が降っていたこともあり、自動的に地吹雪体験もしてきました。
雪原で風が強いため、あまり雪は積もっていませんでした。雪原を軽く掘ると、雪下キャベツがすぐ顔を出します。
雪の下で凍らないように旨みを蓄え収穫を待つキャベツたち。
ツアー開催日が楽しみになりました。


●雪下キャベツとは?
 雪下キャベツは、キャベツを収穫せずに雪の下にそのままにしておいたものです。そうするとキャベツは、雪で凍らないように自ら糖分を出します。この糖分によって、甘くておいしい雪下キャベツになります。この時期の雪国でのみ食べられる貴重な野菜です。

詳しくは市WEBサイトをご覧ください!グリーンツーリズムクラブ・PRバスツアー


いちご狩り

雪下キャベツ収穫

穂多瑠御膳(農家民宿穂多瑠)

●開催日時
 平成30年2月3日(土)10時から14時40分まで

●行程 時間は前後する場合があります。
10時00分 会津若松駅前ロータリー集合(白虎隊銅像前)
10時30分~11時00分 イチゴ狩り(観光園久ちゃん) ※その場でお召し上がりいただきます。
11時15分~11時50分 雪下キャベツ収穫体験(幕内農産) ※悪天候により実施できない場合は、かんじき等で地吹雪雪上歩き体験とします。
12時00分~13時00分 昼食(農家民宿「穂多瑠」)  
13時20分~14時20分 温泉(大江戸温泉湯屋あいづ) ※タオル・着替えはご用意ください。
14時40分 会津若松駅前解散 
お一人様料金

●ご自分で掘った雪下キャベツ1個をお持ち帰りできます。
大人 4,000円
小学生 3,000円
未就学児 700円
※未就学児には雪下キャベツ・昼食は付きません。イチゴ狩り・入浴のみとなります

詳しくは市WEBサイトをご覧ください!グリーンツーリズムクラブ・PRバスツアー
15 : 43 : 01 | お知らせ | page top
| ホーム | 次のページ>>